アンチエイジング 自己啓発

1日3食が体にいいと思ってませんか?1日1食で人生変わりますよ!

投稿日:2019年2月17日 更新日:

皆さんは1日3食食事を摂りますか?

1日3食食べることに理屈、理論はありますか?

「今までそうやって生活してきたから」常識だと思い込んでいませんか?

なんかよくわからないけど、いつも眠かったりだるい

体型がだらしなく、モテない

こんな風に思っている方はもしかして3食ガッツリ食べすぎかも?

タイトルで人生変わると書いて、ちょっと大げさかもしれませんが、大きな変化は感じました。

今回は「1日1食」について書いていきたいと思います。

 

 

コアラから学ぶ消化のエネルギー消費

コアラってどれくらい寝ているのを知っていますか?

正解は22時間です。

もっとも睡眠時間が長い動物と言われています。

つまり2時間しか起きて行動していないんですね!

 

う~ん、ナマケモノよりナマケモノですね(笑)

なせそんなに寝る必要があるかというと、

  • コアラの主食である「ユーカリ」に毒素が含まれており、解毒するため
  • コアラの主食である「ユーカリ」の栄養素が少なく、消費を抑えるため

という理由があります。

 

ここから言えることは「消化はものすごいエネルギーを消費する」ということです。

 

お昼食べた午後は眠く、仕事の生産性が落ちることは良くないですか?

これは消化するため、胃に血流を多く回しているからです。

それだけ消化にエネルギー取られているということです。

 

当然食べ過ぎてしまうと行動力が落ちますので、恋愛や仕事に積極的になれなくなります。

いつも「あぁーなんか眠い(´Д⊂ヽ」って思っている人が魅力的に見えるでしょうか?

活力ある人がやっぱりモテますよね!そんな人になりたいものです。

 

このエネルギーを使う消化作業を減らすために、「1日1食生活」をおすすめします。

 

1日1食を推奨している書籍

「でも1日1食って体に悪くないのー?」

そんな疑問も出てくると思います。

実は1日1食や少食を推奨している書籍は結構ありまして、その中で私が読んだ書籍を紹介します。

 

この本は医師である南雲氏が書いています。アンチエイジングにも力をいれており、その道のプロです。

 

南雲氏いわく「空腹時こそ若返り細胞が働く」と定説しています。

だから空腹時間を長く確保するためにも1日1食が有効だと推奨しています。

この本を読んで1日1食を始めようと影響を受けた1冊です。

 

この本は少食によるメリットがふんだんに書かれています。

これを読んだら1日1食やりたい!と思えるような本です。

1日1食をやってみたいという人はぜひ読んでほしいと思います。

 

1日1食にするメリット

1日1食のメリットを書いていきます。

先ほどの書籍を参考にしている部分もありますが、メリットを並べていきたいと思います。

  • 精力アップする
  • たくさん行動しても疲れない
  • 頭が冴える
  • 細マッチョで締まったボディになる
  • 睡眠時間が少なくて済む
  • 時間に余裕が生まれる
  • 加齢臭が消える
  • 食事代が浮く

これだけのメリットがあります。

この中であなたに引っかかるメリットはありましたか?

あれば即実行です!!

 

1日1食にするデメリット

1日1食にするデメリットもありますが、そこまで致命的なものはないかなと思っています。

  • 食事の楽しみが減る
  • 空腹が辛く感じる
  • 付き合いが悪いといわれる可能性がある

くらいかなと思います。

このくらいのデメリットであれば、全然許容できると思いますので、ぜひ実践してみてほしいと思います。

 

1日1食はいつどれくらい食べるのがいいの?

先ほどの書籍にも書いてありますが、夜に1食がいいと思います。

理由は下記2点です。

  • 夜はリラックスして寝る時間だから、食事して眠くなっても構わない
  • 食事する時間が長く確保しやすく、コミュニケーションが多く取れるため

日中は集中力が必要な場面が多いでしょうから、エネルギーを消化に回さない方が良いと思います。

時間を多くは取れないと思いますしね!

 

1日1食は何を食べたらいい?

基本的には何でも好きなものを食べてもいいと書籍では書かれていますが、1日1食となれば、おのずと食べるものを選ぶと思います。

矛盾するようですが、当然避けたものがいいものをあって栄養が確保できないものや肉はなるべく避けた方が良いそうです。

摂取を避けた方が良いもの

  • カップ麺やジャンクフード:栄養素が含まれていない
  • 肉:腸内環境を悪化させる
  • 砂糖:体を冷やす

1日1食にすることが難しいというからは、腹6分目くらいの少食にすることでも効果が見込めると思います。

 

私が実践してみての効果

実際に1か月私が実践してみた効果を上げていきます。

  • 食事をする時間をブログを書く時間として有意義に使えている
  • 行動しやすくなった
  • 食費が浮く

すでに結構効果が表れているので、このまま継続していいかなーと思っています。

 

まとめ

1日1食にすることで生活は結構変わると思います。

現状を少しでも変えたいという人はおすすめです。

 

「朝飯前」という言葉がありますが、「物の消化にエネルギーを使っていないゴールデンタイム」だということを先人たちはわかって使っていたのではないでしょうか。

1日1食一度試してみてはいかがでしょうか。

-アンチエイジング, 自己啓発
-,

Copyright© アンチエイジングマン 男を磨いて女性にモテるための情報ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.